会社概要 アクセス プライバシーポリシー
アトリエ・オニオン お問い合わせはお気軽に
こんなことできます ご依頼の流れと料金 こんなお店です 店長ブログと実績 Q&A お問い合わせ

知っておきたい蜂の知識

冬が終わり暖かくなってくると、蜂を見かけることが多くなります。大人しくしている蜂なら問題ありませんが、人を刺す蜂が巣を作ってしまうと大変危険です。特に小さなお子様がいる家庭は注意しましょう。刺されないようにするためにも、蜂について知ることが大切です。

人を刺す蜂、刺さない蜂

人を刺す蜂、刺さない蜂

蜂は人を刺すイメージが強いと思いますが、蜂の中には人を刺さない種類も存在します。人を刺す蜂は、細腰亜目に分類されるミツバチ、スズメバチ、アチナガバチなどで、人を刺さない蜂は広腰亜目に分類されるハバチ、クキバチ、キバチなどです。刺す蜂と刺さない蜂の大きな違いは、針の形状や性質によって分けられています。

刺さない蜂にも針はありますが、用途が産卵管のみとなっているため、刺すことはありません。蜂の針は、元々産卵管が変化したもので、進化の過程で分かれたと言われています。蜂の種類によっては、針の形状をしていない種類もありますが、針を持っている蜂の全てが人を刺すとは限りません。

日本の一般的な刺す蜂は、ミツバチ、アシナガバチ、スズメバチとなっていますので、家の庭や近くに巣を作っていると気づいたら、害虫駆除を行っている当社にお任せください。

蜂に刺されるとどうなる?

蜂に刺された経験がない方でも、刺されると激痛が走ることは容易に想像できると思います。ただ、刺す蜂が持っている針には毒があり、刺された時に体内に入ることで痛みだけでなく、様々な症状を引き起こすことがあります。

患部が赤く腫れあがり、症状が軽ければ顔や身体が赤くなったり、全身に痒みを感じたりするだけで済みますが、重症になると呼吸困難、発熱。嘔吐、下痢、肝臓障害を引き起こす可能性があります。一般的にミツバチ、アシナガバチ、スズメバチの順に毒性が強いと言われています。

命の危険もあるアナフィラキシーショックとは?

命の危険もあるアナフィラキシーショックとは?

人の身体に対して蜂の持つ毒は少ないため、何匹にもまとめて刺されない限り命が危険になることは少ないとされています。しかし、一度刺されたことがある蜂にもう一度刺されてしまうと、急性アレルギー反応の1つである、アナフィラキシーショックを引き起こしてしまう可能性が高くなります。

人間の身体は、一度体内に入った毒物に対して免疫を作るようになっています。アナフィラキシーショックは、再度身体に入ってきた毒物に対して免疫機能が過剰に反応し、ショック症状を起こすことを言います。

アナフィラキシーショックは、じんましんや呼吸困難、めまい、意識障害などの症状を伴い、命を落としてしまうこともあります。蜂に一度も刺されないことが最善ですが、一度刺された経験がある方は特に注意しましょう。

当社は、奈良生駒郡を中心に奈良市、郡山市、天理市、王寺町、橿原や大阪府下で便利屋として不用品の処分や植木屋のように木の伐採などを行っています。植木屋には依頼しづらい些細なことにも対応いたします。また、害虫駆除などの依頼も受けつけておりますので、害虫駆除でお困りの方や植木屋をお探しの方はぜひご相談ください。価格など気になる方や些細な依頼で頼みづらいと思っている方もまずはお問い合わせください。

アトリエ・オニオン /不要品処分/遺品整理 概要

会社名 住まいと暮らし・看板の便利サポート アトリエ・オニオン
所在地 〒636-0811 奈良県生駒郡三郷町勢野東5丁目8-8-111
電話番号 0745-32-6428
フリーダイヤル 0120-30-3853
携帯電話 080-3797-0853
URL www.atelier-onion.com
業務内容 遺品整理/不要品処分/清掃・片づけ/屋根修理/看板製作・施工/お庭のお手入れ・植木屋/各種代理・代行など
日本
都道府県 奈良県
市区町村 生駒郡
 
 
 
アトリエ・オニオン0120-303-853 メールはコチラ
主要営業地域
COPYRIGHT2012, アトリエ・オニオン  All Rights Reserved.